スポンサードリンク

銀婚式

銀婚式とは


銀婚式とは結婚してから25回目の結婚記念日の事です。

日本では、明治27年に明治天皇が銀婚式のお祝をしたのをきっかけに、一般家庭でも記念日を祝うという習慣が定着したものです。

結婚記念日にお祝するのは毎年のことですが、一般に25年目の銀婚式と50回目の金婚式は特に盛大にお祝いするものとされています。

銀婚式を迎える夫婦はそろそろ子育ても一段落といったあたりですね。

手がかからなくなり、夫婦水いらずで過ごしたり出かけたりといった機会も増える頃かと思います。

銀婚式は、25年もの年月を夫婦として平穏に仲睦まじく過ごせたことに、お互いが感謝しあい、夫婦の絆をますます深め、いぶし銀のように美しく、光り輝く金になるまで、お互いが切磋琢磨していこうという気持ちを確かめ合う大切な日です。

銀婚式

結婚記念日と宝石の関係


もともと結婚記念日の各年の名称には宝石が多く使われています。

夫から妻へ記念日の宝石を贈るというケースが多いようです。

銀婚式の銀に始まり真珠、珊瑚、ルビー、サファイア、金、エメラルド、ダイヤモンド、そして75周年のプラチナなどがあります。

夫婦間の贈り物としては指輪やネックレス、ネクタイピンなどのアクセサリーの場合がほとんどです。

この他に結婚10年目に贈るスィートテンダイヤモンドというのが知られていますが、これはメーカーからの提案で、10年目は本来は錫(すず)とされています。

元々の記念日の名前の宝石以外にも記念石というものも存在するようです。

銀婚式

銀婚式 お祝い


銀婚式に限らず、結婚記念日には、そのお祝いに夫から妻に感謝の言葉と品物を贈るのが一般的だそうです。

その中でも、銀婚式や金婚式などの節目の記念日には、子供から両親へお祝いを贈ることが多いようです。

正式には記念日の名称にちなんだ品物を贈るようですが、あまりそれにこだわることもなく、妻の欲しい物や、夫婦の記念に残る品物を選ぶと良いのではないでしょうか。

また、銀婚式を迎える夫婦に贈る御祝金の目安としては1万円から2万円程度が一般とされているようです。

水引は紅白の蝶結びで、表書きは「祝結婚記念日」「御祝」「寿」や「祝銀婚式」など、下段には「子供一同」や「孫一同」などとする事が多いようです。

銀婚式

銀婚式 贈り物(プレゼント)


結婚記念日にプレゼントを贈る習慣は、19世紀のイギリスで始まり、主にヨーロッパで広まったものだそうです。

25周年を迎えた夫婦の二人三脚の苦労をねぎらうと共に祝福し、これからもさらに仲良く楽しく過ごしてほしいという思いをこめたプレゼントをしたいものですね。

一般的には銀製品、例えば銀の食器類や台所用品、時計などが人気のようです。

また、夫婦の証である子供や孫一同で二人を祝福する席を設けるのもよいでしょう。

銀婚式

銀婚式 旅行


銀婚式を迎える両親にお祝いをしてあげたいと思った時に旅行を考える方は多いと思われます。

昔、夫婦で行ったことのある思い出の場所、また、行ってみたかったところなどを事前に聞いておいて夫婦水入らずの旅行をセッティングしてあげるのもいいと思います。

旅館やホテルなど宿泊の予約を取る際に、両親の銀婚式のお祝いだと一言伝えてみてはいかがでしょうか。

何らかのサービスをしてくれることもあるようです。

また、別料金になると思いますが、花束を部屋に用意しておいてもらったり、前もってお祝いのケーキなどを頼んでおくと、サプライズといった感じで喜ばれそうです。

  1 2  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。